・輸出に向けたカキの保存技術または加工技術の開発

No 27050390
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 三重県農業研究所 地域連携研究課
テーマ名 ・輸出に向けたカキの保存技術または加工技術の開発
対応が想定される技術 輸送貯蔵技術
農業・食品産業等の現場における問題点  県内の柿の販売チャネルを拡大させるための長期保存技術の確立が求められている。特に、輸出への取り組みへの関心が高まっている部会もある。しかし、輸送時間が長くかかる船便輸出の際に果実軟化が問題となっている。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ・輸出に向けたカキの保存技術または加工技術の開発
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 輸出に適した貯蔵・輸送技術については、地域戦略プロ「西条柿安定生産(H28-30)」において、「西条」ガキを主体で島根大学が研究代表として研究中。
カテゴリ かき 加工 長期保存・貯蔵 輸出 輸送

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる