トマトの次世代型生産技術に向けた新たな環境制御法の確立

No 27030110
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 栃木県農業試験場
テーマ名 トマトの次世代型生産技術に向けた新たな環境制御法の確立
対応が想定される技術 ICT 栽培技術 環境制御技術
農業・食品産業等の現場における問題点  トマト等では、オランダにおける環境制御技術の導入が徐々に導入されているが、病害の発生等の問題があり技術確立には到っていない。このため、これらの技術の検証と対処技術の開発が課題となっている。また、種々の環境制御技術を導入しているが、トマト等の植物にとって最適な複合環境制御となっていないことから、環境制御技術の適切な組合せによる複合環境制御技術の確立が望まれている。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ①オランダ型環境制御技術の検証(温度や飽差管理等)

②地域の実情に応じた高度複合環境制御技術の確立(温湿度、CO2、光、養水分等の最適化)
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) SIP「植物工場」において、トマトの環境情報に基づく至適栽培管理技術などを研究中。
カテゴリ 環境制御 栽培技術 施設園芸 トマト

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる