マンゴー黄化症発生要因の解明と樹勢回復技術の開発

課題名 マンゴー黄化症発生要因の解明と樹勢回復技術の開発
研究機関名 沖縄県農業試験場
研究分担 宮古支場園芸研
研究期間 H13~15
年度 2003
摘要  宮古地域におけるマンゴー栽培は低収量園及び隔年結果園が多く、連年安定生産で大きな問題となっている。特に、2003年度は前年の60%程度の生産量と少なく、隔年結果している。そこで、マンゴー園の地上部及び地下部の諸形質を調査し、連年安定生産技術を構築する。今回の試験からマンゴー黄化症発生要因は明らかになったと思われる。しかし、その総合的な対策技術は確立されていないが、連年安定生産のための葉果比が概ねわかったことから、島尻マージでの安定生産の可能性が広がったといえる。
研究対象 マンゴー
戦略 園芸
専門 栽培生理
部門 果樹
カテゴリ 樹勢回復 マンゴー

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる