磯焼け現象解明調査

課題名 磯焼け現象解明調査
研究機関名 北海道原子力環境センター
研究分担 水産研究科
研究期間 完S61~H15
年度 2003
摘要 目的:岩宇沿岸域における磯焼けや海藻の空間的な分布状況と年変動を把握することによって、磯焼け現象の実態を明らかにし、磯焼け現象の原因解明や対策の検討に必要な基礎資料を得るとともに、磯根漁業の振興を図るため、藻場分布のモニタリングを行う。計画:・航空写真撮影:岩宇沿岸域を14区画に分け、海藻が最も繁茂する初夏にカラー航空写真を撮影する。・潜水による現地調査:航空写真の撮影後、写真判読に必要な地点で潜水調査を行い、分布している海藻の種類や被度、水産動物、底質について観察する。・航空写真判読:現地調査の結果を参考にして、航空写真から海藻の種類や底質を判読する。・藻場分布図の作成と面積の測定:航空写真の判読結果から藻場分布図を作成し、磯焼けや海藻の種類ごとの分布面積を測定する。・調査結果の解析:長期的に蓄積される調査結果を解析し、磯焼けや海藻の分布状況の地域性や年変動について検討する。期待される成果: モニタリングの継続によって、藻場分布の年変動を把握することが可能である。海藻の生育と地形的条件や海況条件、ウニの摂食活動との関係が明らかになることによって、磯根資源の変動予測や磯根漁業の漁場管理、磯焼け対策に有効に活用される。本研究で得られる成果は、他の磯焼け海域における調査研究や磯焼け対策にも活用されることが見込まれる。得られた成果および成果の受け渡し先: 地元の漁協に対して航空写真や藻場分布図を提示することにより、各地先における漁場図や営漁計画の作成に活用されている。特に、藻場分布図から海藻繁茂域と磯焼け域が把握されることにより、磯焼け域のウニを餌料海藻の豊富な繁茂域へ移植放流する場合の重要な情報として活用されている。また、管内を所管する水産技術普及指導所において、ウニの増殖指導や養殖指導に調査結果や成果が活用されているほか、道内沿岸域の磯焼け漁場に係る動向調査の一環などに、本調査の結果が活用されている。
戦略 水産
専門 水産環境
部門 海洋
カテゴリ カラー モニタリング

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる