キウイフルーツの大規模栽培体系の確立

課題名 キウイフルーツの大規模栽培体系の確立
研究機関名 香川県農業試験場
研究分担 府中分場
研究期間 新H17~23
年度 2004
摘要 現在のキウイフルーツの栽培方法では、受粉作業や剪定作業などに多くの作業時間を要し、また、これらの作業の適期は短いことから、キウイフルーツの大規模経営は難しい。一方、生産された果実の品質は地域間、農家間、園地間、樹体間で大きなバラツキが見られ、販売戦略上大きな課題となっている。このため、(i)本県の育成品種を活用したキウイフルーツの大規模経営が行えるよう受粉作業、剪定作業などの高能率省力化技術を確立するとともに、(ii)産地間等による品質のバラツキを極力減らし、かつ、高品質で安定的な生産が行えるよう適地条件に基づく適地マップの作成、樹体診断に基づく安定栽培技術を確立するなどにより、本県オリジナル品種によるキウイフルーツ産地づくりのための技術確立を総合的に行う。
研究対象 キウイフルーツ
戦略 園芸
専門 栽培生理
部門 果樹
カテゴリ 安定栽培技術 キウイフルーツ 栽培体系 受粉 省力化 大規模経営 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる