環境に優しい肥培管理技術確立試験

課題名 環境に優しい肥培管理技術確立試験
研究機関名 香川県農業試験場
研究分担 土壌肥料
研究期間 継H16~20
年度 2004
摘要 ヒノヒカリを供試し、普通期における牛ふん堆肥の利用法の検討を行ったところ、土壌溶液中のアンモニア性窒素は、牛ふん堆肥を3年間連続で施用した場合、施用量が500kg/10aならば基肥を0.5kg/10a、1,000kg/10aならば基肥を1.0kg/10a減肥することで、慣行区とほぼ同等の推移がみられた。また、牛ふん堆肥施用量に応じて年間窒素施肥量を減らした場合、慣行区に比べて、玄米重指数は低くなるものの、外観品質が良くなる可能性が示唆された。マーガレットの吸肥量と施肥効率を調査した結果、コイハ系統の窒素吸収量は1.0g/株、施肥窒素利用率は約60%であった。在来系統の窒素吸収量は1.3g/株、施肥窒素利用率は約70%であった。 
研究対象 水稲、マーガレット
戦略 土地利用型農業、園芸
専門 土壌肥料
部門 稲、花き
カテゴリ 肥料 水稲 施肥 土壌管理技術 肥培管理 マーガレット

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる