環境にやさしいレタス根腐病総合防除技術の開発

課題名 環境にやさしいレタス根腐病総合防除技術の開発
研究機関名 長野県野菜花き試験場
研究分担 野菜部・育種部・病害虫土壌肥料部・佐久支場・中信農試畑作栽培部
研究期間 継H17~19
年度 2005
摘要 レタス根腐病はFusarium oxysporumによる土壌病害で、その被害は拡大の一途をたどっている。レタスの持続的な安定生産を目的に、異科作物との輪作と抵抗性品種の導入を基本とし、土壌管理技術等の発病軽減技術を組み合わせ、クロルピクリン等の土壌消毒剤に頼らない根腐病総合防除技術を確立し、マニュアル化を行う。平成7年に発病が確認されてから輪作の体系化、抵抗性育種、病原菌の特性等について研究を進め、耐病性品種を育成して、その利用を図るとともに、そば及びマリーゴールドの輪作による、また地温上昇抑制マルチ利用による根腐病発病抑制効果を明らかにした。
研究対象 レタス
専門 栽培生理
部門 野菜
カテゴリ 肥料 育種 くり 総合防除技術 そば 耐病性品種 抵抗性 抵抗性品種 土壌管理技術 土壌消毒 根腐病 マリーゴールド 輪作 レタス

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる