34 砂地における面源負荷の実態把握と効率的施肥技術の確立  (1)砂地における窒素溶脱リスクマップの作成

課題名 34 砂地における面源負荷の実態把握と効率的施肥技術の確立  (1)砂地における窒素溶脱リスクマップの作成
研究機関名 静岡県農業試験場
研究分担 海岸砂地分場
研究期間 止H16~17
年度 2005
摘要 (目的)砂地畑地域において作付けや施肥の実態を調査し、施設栽培で普及し始めているかん水同時施肥技術の砂地畑への導入を検討する。
(これまでの成果)かん水同時施肥技術により慣行と同等の収量を得ながら硝酸性窒素の溶脱量を4分の1にできることを明らかにした。また、砂地畑の作付実態調査から窒素溶脱量を120-130kg/haと見積もった。
モデル地域における窒素溶脱の実態を把握する。
専門 土壌肥料
部門 共通
カテゴリ 肥料 施設栽培 施肥 土壌管理技術

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる