16 温暖化対応越冬かんきつ栽培試験

課題名 16 温暖化対応越冬かんきつ栽培試験
研究機関名 愛媛県立果樹試験場
研究分担 南予分場
研究期間 継H16~20
年度 2005
摘要  南予地域では冬期の温暖化が顕著となり、河内晩柑等の晩生かんきつの越冬栽培や亜熱帯性かんきつが栽培可能となる。そこで、消費者に好まれる新しいかんきつの導入を目的に、(i)河内晩柑やカラマンダリンの隔年結果の防止と越冬果実の品質向上、(ii)亜熱帯性かんきつの商材化の検討を行ない、消費者に初夏から盛夏期における良食味かんきつの提供を図る。
研究対象 かんきつ
戦略 園芸
専門 栽培生理
部門 果樹
カテゴリ 亜熱帯 良食味 その他のかんきつ

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる