土壌環境保全増進事業

課題名 土壌環境保全増進事業
研究機関名 宮城県農業・園芸総合研究所
研究分担 園芸環境部
研究期間 継H17~21
年度 2006
摘要  高齢化による農作業の省力化等を背景として,農地に対する有機物の投入量の減少に伴い地力の低下が見られてきている。
、 家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に関する法律の施行により家畜排せつ物 の資源としての有効利用を促進させることが急務となっている。畜産経営の大規模化等に伴い,未処理の家畜糞尿等が増加し,未熟な状態での農地等への還元により,地下水等への環境汚染が懸念される。農作物を栽培するにあたっての,堆肥等の施用について,環境負荷に配慮した投入量を堆肥の種類,成分量等から指標が求められている。
カテゴリ 経営管理 省力化 大規模化 土壌環境

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる