養殖魚場における生産性の実態解明に関する研究

課題名 養殖魚場における生産性の実態解明に関する研究
研究機関名 宮城県気仙沼水産試験場
研究分担 環境
研究期間 継H16~20
年度 2006
摘要 目的:本県沿岸域では、カキ、ホタテガイ、ホヤ等各種魚貝藻類の養殖が営まれているが、近年は過密養殖によるものと思われる生産性や品質の低下等がみられる。このため、海域における餌料プランクトンなど基礎生産量の実態を把握し、養殖生産と餌料環境の対応関係を検討し、適正収容基準を明らかにする。計画:対象海域におけるカキ・ホタテガイなど養殖対象生物の成長速度から標準成長曲線を作成する。また、対象海域における養殖種の現存量、施設数など漁場利用実態を把握し、海域の栄養塩類等の関係から適正収容量を把握する。成果:気仙沼湾内5定点でカキ・ホタテガイの成長及び身入り状況を調査したところ湾奥部及び航路側で良い結果が得られ、クロロフィルa量の分布と対応していた。受け渡し先:得られた漁場の適正収容量等の知見は、漁場行使、生産調整に関する資料として、関係者に情報提供する。
カテゴリ 成長曲線

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる