特産花き及び実エンドウの高温対策

課題名 特産花き及び実エンドウの高温対策
研究機関名 和歌山県農林水産総合技術センター暖地園芸センター
研究分担 園芸部
研究期間 H19~21
年度 2009
摘要 [目的]本県特産のスターチス等の切り花や実エンドウの定植時期は、8~9月と高温期に集中する。また、近年は低コスト耐候性ハウスが増加し、気象災害を回避できるようになった一方で、被覆下での定植となるため、従来のパイプハウスに比べて生育初期の気温がより高温となる。このため、特産切り花や実エンドウの高温条件下での安定生産技術を開発する。、[成果]、 (1)スターチス:定植後の適正遮光期間、遮光率が2明らかになった。(38~50%遮光、20日間) (2)実エンドウ:秋まきハウス冬春どりにおいて白黒マルチがもっとも適していた。 (3)実エンドウの子実肥大は、昼間(午前)の加温により促進された。、
カテゴリ 高温対策 栽培技術 スターチス 低コスト 実えんどう

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる