活性炭利用によるネガティブ効果の検証

課題名 活性炭利用によるネガティブ効果の検証
課題番号 2010016617
研究機関名 独立行政法人農業環境技術研究所
新潟県
研究期間 2008-2012
年度 2010
摘要 殺線虫剤(ホスチアゼート液剤、イミシアホス粒剤、DCIP粒剤)は、活性炭処理土壌で失活し、クロルピクリンは失活しないこと、また活性炭処理して6年経過した圃場でも、ホスチアゼート粒剤の失活が認められた。一方、土壌処理アブラムシ剤(有機リン剤、ネオニコチノイド剤、カーバメート剤)は、活性炭を土壌処理すると、効果が低下することを示した。
カテゴリ くり 土壌処理

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる