ナシ萎縮病の発生生態の解明と防除技術の開発 -土壌改良による樹勢回復及び症状軽減効果の検討-

課題名 ナシ萎縮病の発生生態の解明と防除技術の開発 -土壌改良による樹勢回復及び症状軽減効果の検討-
研究機関名 徳島県立農林水産総合技術支援センター果樹研究所
研究分担 生産環境
研究期間 完H20~22
年度 2010
摘要 目的:土壌環境や樹体栄養の悪化が樹勢の低下をもたらし、ナシの萎縮病発生に繋がっている可能性がある。このため、土壌環境面から樹勢回復及び維持技術について検討する。 方法:局所深耕、土壌改良資材処理、客土を行う。  得られた成果:局所深耕、土壌改良資材処理により、土壌物理性改善効果がみられたとともに樹勢維持・回復に有効であった。マサ土の客土により、土壌環境の向上が認められた。
カテゴリ 萎縮病 樹勢回復 土壌改良 土壌環境 ナシ萎縮病 防除

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる