日本一ニューブランドうめ新品種の育成 、

課題名 日本一ニューブランドうめ新品種の育成 、
研究機関名 和歌山県果樹試験場うめ研究所
研究分担 うめ研究所
研究期間 継H18~ 、28年
年度 2012
摘要 目的:新品種の育成や現地優良系統の探索、ウメ系統適応性試験を行う。病害抵抗性・環境ストレス抵抗性検定法を開発するとともに抵抗性の育種素材を育成する。
、成果:1)黒星病は、新梢では20℃でもっとも良く発病し、濡れ時間が長いほど多発する可能性が示された。
、2)黒星病の発病度の高くなり始めた時期は5月中旬で、4月中旬以降の降雨で飛散した分生子が果実に感染したものと考えられる。
カテゴリ 育種 うめ 黒星病 新品種 抵抗性 抵抗性検定 病害抵抗性

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる