促成ナスの日焼け果防止技術の確立

課題名 促成ナスの日焼け果防止技術の確立
研究機関名 岡山県農林水産総合センター農業研究所
研究分担 野菜・花
研究期間 継(H25~H27)
年度 2013
摘要 生産者が低コストで簡便に実施できる方法によって日焼け果の発生を防止し、販売不能果の多発や等級の低下を回避するのが目的である。現地慣行対策の効果検証、換気扇の稼働制御による果面温度の低下方法、果面結露の抑制・除去方法の開発を行い、既存換気扇の活用等の低コストで簡便な方法による日焼け果防止効果を実証する。
カテゴリ 低コスト なす 日焼け果

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる