アスパラガス改植法「客土による株養成と既存株平行栽培法」の開発 、2 栽培環境の把握と解析

課題名 アスパラガス改植法「客土による株養成と既存株平行栽培法」の開発 、2 栽培環境の把握と解析
研究機関名 香川県農業試験場
研究分担 野菜・花き部門
生産環境部門
研究期間 継H23~H25
年度 2013
摘要 目的:アスパラガス栽培農家の経営の発展と安定化に寄与することを目的に、1)トラクタ等の大型農機による耕起やうね形成作業が不要、2)改植に伴う無収穫期間が皆無、3)新植とほぼ同等の収量が可能、となる改植技術を開発する。
、成果:アスパラガスの収量確保を図るためには、一定水準の土壌養分が必要であり、根域土量の増大に応じて収量が増加する傾向が示唆された。冬期の追肥により、硝酸態窒素の含量は高く推移したが、収量に差はなかった。新植ほ場において、基肥の施用方法を全層施肥と側条施肥として土壌中の硝酸態窒素等の違いをみたところ、全層施肥が年間を通じて、高く推移した。また、現地ほ場(砂質土壌)において、追肥間隔による違いをみたところ、追肥間隔が小さい土壌で、他より、硝酸態窒素等が高く推移する傾向にあった。
カテゴリ アスパラガス 改植 経営管理 施肥

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる