自給飼料生産における放射性物質の移行低減技術検討

課題名 自給飼料生産における放射性物質の移行低減技術検討
研究機関名 宮城県畜産試験場
研究分担 草地飼料部
研究期間 完H24~26
年度 2014
摘要 目的:東京電力福島第一原発事故により放射性性物質汚染が発生。飼料と土壌の循環生産の中で、汚染たい肥から飼料作物への放射性物質移行低減技術を検討。、成果:場内ほ場において汚染たい肥を施用して飼料用トウモロコシやオーチャードグラスを栽培したところ,堆肥へのゼオライトあるいはプルシアンブルーの添加により,放射性Cs濃度は低下する傾向が見られ,今後,持続性を確認する。
カテゴリ 飼料作物 飼料用作物 とうもろこし

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる