オリーブの低コスト省力生産体系の確立、3 土壌管理・防除技術の省力化の検討、(1) 草生管理技術の検討 

課題名 オリーブの低コスト省力生産体系の確立、3 土壌管理・防除技術の省力化の検討、(1) 草生管理技術の検討 
研究機関名 香川県農業試験場
研究分担 小豆オリーブ研究所
研究期間 完H22~H26
年度 2014
摘要 目的:国産オリーブオイルの需要拡大に対応するため、低コストで省力・安定生産が可能な栽培体系を確立する。、成果:春期(4/30)の草の生重量は、ダイカンドラ、センチピートグラスおよびヒメイワダレソウ区は無処理区と差は認められず、植物マルチの場合でも春草の刈り払いは必要であると考えられた。
カテゴリ オリーブ 管理技術 栽培体系 需要拡大 省力化 低コスト 防除

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる