大規模みかん経営を目指した静岡方式垣根型成園化技術

課題名 大規模みかん経営を目指した静岡方式垣根型成園化技術
研究機関名 静岡県農林技術研究所果樹研究センター
研究分担 生産環境科
栽培育種科
研究期間 継H26~28
年度 2015
摘要 目的:省力化と未収穫期間の短縮、安定多収を確保できる静岡方式垣根型成園化技術を構築する。、成果:高位接ぎ木を効率化する手法を開発した。液肥で翌春の新梢生育が良好になることを確認できた。耐性台木の一次選抜を行い、13系統を選抜した。台木増殖のための挿し木法を検討し、64%の発根率を得られた。
カテゴリ 経営管理 挿し木 省力化 台木 接ぎ木

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる