花き有望品目の安定生産技術の開発と新規品目の探索、2)低コスト高品質生産が可能な新規品目の探索

課題名 花き有望品目の安定生産技術の開発と新規品目の探索、2)低コスト高品質生産が可能な新規品目の探索
研究機関名 宮崎県総合農業試験場
研究分担 花き部
研究期間 完H25~27
年度 2015
摘要 2-1)アネモネ「ミストラル」系の定植時期の検討、 9月20日と10月20日定植では、9月20日定植が切り花本数が多く適する。、2-2)アネモネ「ミストラル」系の球根冷蔵週数の検討、 「ホワイトブラックセンター」は5週間が、「ブルー」では4及び5週間が到花日数が短く、開花本数も多い。、2-3)アネモネ「ミストラル」系の施肥量の検討、 窒素の施用量と到花日数、切り花本数に相関は見られなかった。
カテゴリ アネモネ 栽培技術 施肥 低コスト

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる