競争力を高める機能性食品素材等の開発及び生産技術の効率化

課題名 競争力を高める機能性食品素材等の開発及び生産技術の効率化
研究機関名 新潟県農業総合研究所食品研究センター
研究分担 食研食品工学科
研究期間 継H30~R2
年度 2019
摘要 目的:健康寿命の延伸と生活の質の向上に役立つ機能性食品素材の開発及び米品種について検討する。
結果:県産のえだまめ10品種(大豆イソフラボン、GABA)、なす5品種(GABA)、かぐらなんばん(ビタミンC)の分析評価を行った。イソフラボンは含有量が少なかったものの、GABA、ビタミンCは、それぞれ機能性表示食品や栄養機能食品として検討するうえで十分な量が含まれていた。
カテゴリ えだまめ 機能性 機能性食品 大豆 とうがらし なす 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる