アユ早期放流技術開発事業

課題名 アユ早期放流技術開発事業
研究機関名 新潟県内水面水産試験場
研究分担 資源課
研究期間 継H31~R3
年度 2019
摘要 目的:アユの早期放流技術の導入による遊漁収入の増大と種苗育成経費の削減による漁協経営の安定化を図る。
成果:調査2地区のうち、1地区での採捕比率は悪かったが、別地区では放流比率と採捕比率は同程度であった。採捕された早期放流魚は、通常放流魚と遜色ない成長であった。
カテゴリ 経営管理

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる