農地管理実態調査(農地土壌温室効果ガス排出量算定基礎調査) 農地土壌炭素貯留等基礎調査(有機物連用試験)

課題名 農地管理実態調査(農地土壌温室効果ガス排出量算定基礎調査) 農地土壌炭素貯留等基礎調査(有機物連用試験)
研究機関名 京都府農林水産技術センター(生物資源研究センター)
研究分担 環境部
研究期間 20~
年度 2019
摘要 パリ協定による世界平均気温の抑制及び我が国の地球温暖化対策計画による中期目標26%、長期目標80%の温室効果ガスの削減を目指しており、農業分野においても地球温暖化緩和対策への貢献が求められている。
 そのため、農地をCO2吸収源として活用することを目指し、新たな(2020年以降)削減目標の枠組みの下で、農地土壌炭素含有量などを把握する。
カテゴリ 温暖化対策

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる