ナシ有望品種「凛夏」、「あきづき」における早期成園化に向けた省力樹形の開発

課題名 ナシ有望品種「凛夏」、「あきづき」における早期成園化に向けた省力樹形の開発
研究機関名 高知県農業技術センター果樹試験場
研究分担 栽培育種
研究期間 継H29~R2
年度 2019
摘要 目的:「幸水」、「豊水」に替わる新規有望品種「凜夏」、「あきづき」を作業性の良い2本主枝整枝法にすると、樹齢が進むにつれ基部の枝が強くなり先端部が衰弱しやすい。その欠点を解消し、かつ作業性の良い新たな整枝法を開発する。
成果:主枝延長中は幹周肥大は劣るが、側枝を配置しない方が主枝の伸長は良くなることが判明した
カテゴリ 早期成園化 日本なし 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる