森林へのタケ侵入防止に向けた調査

課題名 森林へのタケ侵入防止に向けた調査
研究機関名 山形県森林研究研修センタ-
研究分担 森林資源利用部
研究期間 継H29~R3
年度 2020
摘要 目的:本県は庄内地域を中心に、タケノコ利用のためのモウソウチクの栽培、竹材利用等のためのマダケの栽培が盛んであるが、栽培地外への竹の侵入が進んでおり、スギ林などで問題が顕在化しつつある。これまでの調査において、森林への侵入竹対策方法の検討として連続伐採による効果を示したが、伐採以外に薬剤注入の方法が知られている。薬剤注入は、効果発現を目的とする全ての竹幹への施用が原則であるが、侵入度合によっては一度に全幹注入が困難な場合が多い。そこで、本試験では、侵入竹を複数年かけて対策をする際に、新たな幹の侵入を抑制しコントロールする目的として薬剤注入が使用できるかを調査した。
成果:①西川試験地では薬剤注入後5年間、新たな侵入竹の発生は確認されなかった。また、注入幹以外の近接する幹の枯損も確認された。②鶴岡試験地では、注入後1年目に2本、3年目に1本の新竹が先端範囲付近に発生した。しかし、通常の侵入竹発生本数と比較して発生本数は少ないと判断された。また、より侵入方向先端の離れた位置に発生することはなかった。③2事例の結果から、竹の侵入先端範囲に適切に薬剤注入を行うことで、複数年は新たな幹の発生を抑制でき、対策を計画的に講じる期間を確保できる可能性が示唆された。
カテゴリ たけのこ 薬剤

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる