サクラ・モモ・ウメ等バラ科樹木を加害する 外来種クビアカツヤカミキリの防除法の開発

課題名 サクラ・モモ・ウメ等バラ科樹木を加害する 外来種クビアカツヤカミキリの防除法の開発
研究機関名 和歌山県果樹試験場かき・もも研究所
研究分担 かき・もも研究所
研究期間 継H30~R3
年度 2020
摘要 目的:和歌山県では、令和元年11月にかつらぎ町の モモ園においてクビアカツヤカミキリによる被 害が初めて確認された。このため、果樹園地を 中心に広く樹幹調査を実施するとともに、被害 の拡大を防ぐための取り組みとして圃場での実 証試験および室内予備試験を開始した。
成果:モニタリング調査は、県内28市町のモモ・ス モモ・ウメ等バラ科果樹園地(合計502園地) および周辺の緑地のサクラ類(693地点)にお いて実施し、オンラインマッピングシステムに より効率的に関係機関と情報共有した。令和3 年3月31日現在、紀北地域の51園地195樹で 被害を確認した。
カテゴリ うめ さくら すもも ばら 防除 モニタリング もも

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる