植木、盆栽及び苗木の輸出に不可欠な植物寄生性線虫の除去及びそれに伴う商品価値の低下に関する対策技術の高度化 2) 新規薬剤を活用したマツ盆栽における線虫除去技術の開発

課題名 植木、盆栽及び苗木の輸出に不可欠な植物寄生性線虫の除去及びそれに伴う商品価値の低下に関する対策技術の高度化 2) 新規薬剤を活用したマツ盆栽における線虫除去技術の開発
研究機関名 香川県農業試験場
研究分担 病害虫防除所
研究期間 新R2~R4
年度 2021
摘要 クロマツ盆栽を対象としてアバメクチン乳剤の複数回処理、アバメクチン乳剤と他の薬剤との組合せ処理、薬剤の培土への停滞を促すため培土変更後のアバメクチン乳剤処理など、処理法を変更することにより、通常の処理より高い線虫除去効果が得られた。また、いずれの処理においても薬害は認められなかった。
カテゴリ 薬剤 輸出

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる