飼料自給率向上のための飼料作物高収量栽培技術の確立

課題名 飼料自給率向上のための飼料作物高収量栽培技術の確立
研究機関名 熊本県農業研究センター
研究分担 畜産研究所 飼料研究室
草地畜産研究所
研究期間 継S56~
年度 2021
摘要 目的:奨励品種選定のため、本県に適した飼料作物の主要草種(春播きトウモロコシ、夏播きトウモロコシ、イタリアンライグラス)について生育特性及び収量等を調査した。
成果:春播きトウモロコシ2品種について、本県に適した品種特性を確認し、うち1品種を県奨励品種として選定した。
同じく、寒地型永年牧草のペレニアルライグラス1品種について、本県に適した品種特性を確認し、奨励品種として選定した。
また、寒地型牧草4草種について生育調査を実施し、3年間の乾物合計収量はトールフェスク>オーチャードグラス>チモシーの順となった。トールフェスク、オーチャードグラスは3年間安定して収量が取れるが、チモシーは2年目で約3割、3年目でさらに約3割減少した。
カテゴリ イタリアンライグラス 寒地 栽培技術 飼料作物 とうもろこし 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる