産地崩壊の危機を回避するためのかんしょ病害防除技術の開発

課題名 産地崩壊の危機を回避するためのかんしょ病害防除技術の開発
研究機関名 宮崎県総合農業試験場
研究分担 生産環境部
研究期間 完R元~R3
年度 2021
摘要  基腐病の甚発生地域において、本圃の土壌消毒及びアミスターフロアブルの生育期防除体系の実証試験を行い、いずれも一定の発病抑制効果が確認された。土壌消毒ではバスアミド微粒剤の混和後全面被覆が、生育期防除では定植後約1ヶ月頃からの防除が効果が優れる傾向であった。また土壌還元消毒を行った場内苗床で育苗試験を行った結果、基腐病の発生は見られず防除効果が確認された。。
カテゴリ 育苗 かんしょ 栽培技術 土壌消毒 防除

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる