肥料価格補助政策によるムダ地区直播稲作の技術構造変化

課題名 肥料価格補助政策によるムダ地区直播稲作の技術構造変化
課題番号 1992003950
研究機関名 熱帯農業研究センター(熱研)
研究分担 研二(部長)
研究期間 単H03~H03
年度 1992
摘要 マレイシアにおける米需給動向を検討するため,水稲の作付面積・単収の変動,直播技術の普及度,米消費と米価,肥料価格,賃金率等の変化との関連性を分析した。その結果,直播技術の普及と肥料価格補助政策は稲作経営費の約45%を削減したこと,しかし,農工間所得格差は依然として縮小せずムダ地区以外の小規模産地の生産が今後とも減少すること,高級米以外の米消費が減少を続けること,が解明された。これらの動向の背景には経済発展による賃金上昇があり,農業内部における作付転換や労働移動の解明および農工間における労働移動の解明が今後の課題である。
カテゴリ 肥料 亜熱帯 経営管理 水田 水稲

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる