アブラナ科野菜の高再分化能半数体系統の作出(53)

課題名 アブラナ科野菜の高再分化能半数体系統の作出(53)
課題番号 1993001518
研究機関名 野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究分担 野菜育種・育種4研
研究期間 継H02~H06
年度 1993
摘要 Brassica oleraceaの30系統でハクサイに準じて小胞子培養を行った。ブロッコリー及びケールでは胚様体形成能の高い系統が認められたが、キャベツではそのような系統は見いだせなかった。キャベツで胚様体形成が最も多かったのは‘富士早生’であった。そこで‘富士早生’を用いてキャベツの小胞子培養系の改良を試みた。長さ5.3~5.9■の花蕾で胚様体形成数が多かった。高温処理試験では、33℃で2日間処理を行った場合に胚様体形成数並びに伸長した芽を分化した胚様体数が多かった。以上の結果から、長さ5.3~5.9■の花蕾を用い、33℃、2日間の高温処理を行った場合に、小胞子からの植物体再生が良好であることが明らかとなった。
カテゴリ あぶらな 育種 遺伝資源 キャベツ ケール はくさい ブロッコリー

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる