てんさい遺伝資源の収集と保存(55)

課題名 てんさい遺伝資源の収集と保存(55)
課題番号 1994002054
研究機関名 北海道農業試験場(北農試)
研究分担 畑作センタ・てん菜研
研究期間 完S60~H05
年度 1994
摘要 3年に収集した32の野生種のうち、残りの16について特性評価と増殖を行った。収集元種子の多くは発芽率がかなり低いため、濃硫酸前処理法により発芽を高めた。実生苗を最長約50日間自然日長条件下のビニールハウス内で育苗後、隔離温室(24時間日長)に移植し、形態的、生理、生態的特性の調査と採種を行った結果、Vulgares節の多くの系統は二倍体で、自家不和合性であったが、JW21のみ四倍体で自家和合性を示した。P-atellares節の系統の多くは4倍体で、自家和合性を示したが、JW27のみ二倍体であった。この他、北海道大学と共同して各野生種のアイソザイム解析を行った。4年に増殖できなかったJW26とJW29は5年も発芽不良で調査できなかった。本課題は5年で完了とし、6年から新しい課題のもとに実施する。
カテゴリ 育種 育苗 遺伝資源 寒地 管理技術 てんさい 発芽不良 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる