新被覆資材が室内気象および作物の生育に及ぼす影響の評価(41)

課題名 新被覆資材が室内気象および作物の生育に及ぼす影響の評価(41)
課題番号 1995002703
研究機関名 中国農業試験場(中国農試)
研究分担 生産環境・気象資源研
研究期間 単H06~H06
年度 1995
摘要 生産費の削減、環境負荷の軽減などから施設園芸用被覆材の改良が急である。被覆材、改良型2種と従来型1種の保温性や作物の生育増進効果を調査した結果、改良型ポリオレフィンは断熱性では劣るが採光性に優れるために、最低気温や平均気温の低下度は小さいことが明らかにされた。しかし、断熱性や親水性に劣るため、湿度が高くなり、霧を多発して、病害が発生しやすい傾向が認められた。ホウレンソウ12品種と小松菜8品種を供試して、生育に及ぼす資材の影響を調査したが、資材間の差は認められなかった。これは、断熱性が多少劣っても、採光性が向上して、ハウスの蓄熱性が向上したためと判断される。7年度も引続き研究を行う。
カテゴリ 管理技術 施設園芸 品種 ほうれんそう

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる