天敵寄生蜂の増殖技術の開発(98)

課題名 天敵寄生蜂の増殖技術の開発(98)
課題番号 1995000671
研究機関名 農業環境技術研究所(農環研)
研究分担 環境生物・天敵生物研
研究期間 継H06~H08
年度 1995
摘要 マメハモグリバエの土着寄生蜂の増殖技術の確立を図るため、寄主のマメハモグリバエの適正飼育条件を検討した。寄主植物としてツルナシインゲンを用いるシステムを採用し、インゲンマメの品種、飼育密度及びインゲンマメの葉のエージの影響を調べた。供試したインゲンマメ5品種間でマメハモグリバエの発育に差は見られなかった。飼育密度が高く、葉のエージが若いほど、生産された蛹の体重が軽くなる傾向が見られたが、発育日数に差は見られなかった。1雌当たりの産卵数は飼育密度が高くなるにつれ低下した。
カテゴリ いんげんまめ つるな 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる