ユリ科野菜遺伝資源の導入と特性調査

課題名 ユリ科野菜遺伝資源の導入と特性調査
課題番号 1997001849
研究機関名 野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究分担 野菜育種・ユリ研(上席)
研究期間 新H09~H13
年度 1997
摘要 ユリ科野菜の遺伝資源を国内外より導入し、その特性を明らかにする。特性調査マニュアルが未策定のネギ、ニラ、ラッキョウについてはマニュアルを策定する。研究項目(計画年次)は次のとおり:ネギの特性調査マニュアルの策定と1次特性の調査(9~11)、ネギの2、3次特性の調査(12、13)、ニラの特性調査マニュアルの策定および特性の調査(10、11)、ラッキョウの特性調査マニュアルの策定と特性調査(12、13)。なお、遺伝資源の導入は随時行う。これらの特性調査により、優れた形質を有する素材が多数見出され、遺伝資源の育種への有効利用が促進されると期待される。
カテゴリ 育種 遺伝資源 にら ねぎ ゆり らっきょう

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる