導入遺伝子の高発現に対するポジション効果の利用(354)

課題名 導入遺伝子の高発現に対するポジション効果の利用(354)
課題番号 1997001898
研究機関名 野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究分担 花き・育種法研(サントリー基礎研究所奈良先端科学技術大学院大学)
研究期間 継H08~H10
年度 1997
摘要 共同研究先で作成された高発現プロモーターを組み込んだベクターあるいは酵母由来のマトリックス結合領域を組み込んだベクターを用いて、トレニア及びカランコエの形質転換体を作出した。キク183系統から再分化能の優れた6系統をスクリーニングした。カランコエ、トレニア形質転換体後代において導入したベータ・グルクロニダーゼ(GUS)遺伝子の活性の調査したところ、生育ステージが進むにつれて活性が低下する現象が観察された。トレニアではGUS遺伝子をホモで持つ場合、ヘテロで持つ場合に比べて、活性の低下が早く起こる現象が認められた。
カテゴリ カランコエ きく トレニア

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる