九州地方北部における主要森林土壌の水源涵養機能の解明とその評価(814)

課題名 九州地方北部における主要森林土壌の水源涵養機能の解明とその評価(814)
課題番号 1998005244
研究機関名 森林総合研究所(森林総研)
研究分担 九州・土壌研防災研
研究期間 延H08~H13
年度 1998
摘要 鹿北流域試験地3号沢の源流部において、試孔調査を実施し土壌型を区分した。また、頂部斜面と谷頭凹地の2地点において土壌断面調査を実施し、そのうち1地点から円筒試料を採取して土壌水分特性を測定した。土壌型は褐色森林土が大部分を占めるが、頂部平坦面の一部には赤色土が分布する。土壌水分特性は、最表層の大孔隙は多いが中孔隙や小孔隙は少なく、土壌表面付近は透水性は良いが保水性に乏しい。これに対し、B層の中孔隙・小孔隙は大きい値を示し、保水性が良いと考えられる。最下部のBC層は、大・中・小孔隙ともに少なく、透水性・保水性に乏しいと考えられる。
カテゴリ 亜熱帯 管理技術 経営管理

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる