カンキツソローシス様症状の病原体の探索(186)

課題名 カンキツソローシス様症状の病原体の探索(186)
課題番号 179
研究機関名 果樹試験場
研究分担 保護・病原機能研
保護・病原機能研
研究期間 完9~11
年度 2000
摘要 カンキツソローシス病は、海外で被害の大きなウイルス病として知られている。わが国のカンキツ(ユーレカレモン)に見いだされた類似症状について病原体の探索、検定法の開発を行った。罹病カンキツ組織を接種源とした汁液接種では、Chenopodium quinoa(キノア)のみが全身に症状を呈した。キノアの接種葉には、不明瞭な退緑斑点が生ずることも時にあった。上葉には、退緑斑点、葉脈透化などの症状が生じた。発病キノアからカンキツ苗(エトログシトロン)への切り付け接種による戻し接種にも成功し、キノアに伝染した病原体が、本症状の原因と考えられた。キノアへの汁液伝染には、0.07Mリン酸緩衝液(pH7.0)などが適しており、キノアを用いた検定法を確立した。本病原体は、カンキツトリステザウイルス、温州萎縮ウイルス、カンキツタターリーフウイルス(リンゴステムグルービングウイルス)、カンキツリーフルゴースウイルス、citrus variegation  virusの抗血清との反応が認められなかった。Dip法、超薄切片法による電子顕微鏡観察では、ウイルス粒子、あるいは特徴的な組織の変性は見出されなかった。以上、各種植物への接種試験や血清学的試験等の結果から、本症状は既知の病害とは異なることが示唆されたので、カンキツ退緑斑紋病と仮称した。
カテゴリ 病害虫 害虫 キノア 防除 りんご レモン その他のかんきつ

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる