熱帯・亜熱帯果樹の生理生態的特性の解明(46)

課題名 熱帯・亜熱帯果樹の生理生態的特性の解明(46)
課題番号 46
研究機関名 国際農林水産業研究センター
研究分担 沖縄・熱帯果樹研
研究期間 止6~8~(12)(11)
年度 2000
摘要 マンゴー接ぎ木樹(3年生)を用い,昼間の気温及び光強度の異なる条件下での,定常状態におけるクロロフィル蛍光比及びクロロフィル蛍光変量を検討した.その結果から、マンゴーの光合成の気孔要因は,光強度より温度に対して鋭敏に反応すること、光化学系は,光強度により強く反応することが示された.マンゴーの基礎的な生理生態特性がおおよそ明らかになったが,土壌水分や根圏と樹体及び果実生長の関係、花芽の安定的な確保などの研究に取り入れ,より総合的な研究とするため,本課題を 小課題「熱帯・亜熱帯果樹類の効率的利用に関する研究」の中に組み入れる.
カテゴリ 亜熱帯 栽培技術 接ぎ木 マンゴー

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる