遺伝資源の特性評価(330)

課題名 遺伝資源の特性評価(330)
課題番号 325
研究機関名 野菜・茶業試験場
研究分担 茶栽培・育種研
研究期間 継8~17
年度 2000
摘要 保存中のベースコレクション、アクティブコレクション206系統について、一番茶新葉の毛茸の長さ、密度の調査を行った。ワーキングコレクションの韓国在来種について、樹形の大小、一番茶萌芽期の早晩性および新芽の毛茸の分布、長さ、密度の調査を行った。韓国在来種の毛茸の分布は、調査した693系統のうち、中肋のみに分布している系統が1、葉の内側のみに分布している系統が47であった。葉緑素計による葉色の評価について検討した結果、10枚ずつ、1枚2カ所の測定で、基準品種との比較により、評価は可能であると考えられた。
カテゴリ 遺伝資源 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる