非病原体の非病原性遺伝子導入による病原抵抗性素材の作出(229)

課題名 非病原体の非病原性遺伝子導入による病原抵抗性素材の作出(229)
課題番号 204
研究機関名 農業生物資源研究所
研究分担 生理機能・耐病性研
研究期間 止10~(11)~12~(14)
年度 2000
摘要 いもち病菌で我々のHEGS/AFLPによる153マーカーによるマップ全長約760cMの地図が約1月で完成した。avrPibはこの地図の第2連鎖群中央付近にマップされた。avrPibを挟むflanking markers R1, A2間の距離5.5 cMは270 kb程度と予測されるが、左右のマーカーから出発して、左側6ステップと右側1ステップのwalkingを行い、予想される距離の約4倍を上回る計約1,200 kbのcontigを作製したにもかかわらず、まだ全領域はカバーされていない。F1系統の数を増やすと共に、より多くのプライマーにより、新たな近傍マーカーの探索が必要と考えられる。(生物研-植生研)
カテゴリ いもち病 抵抗性

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる