根こぶ病菌に対する抵抗性の解明と土壌診断法の確立(133)

課題名 根こぶ病菌に対する抵抗性の解明と土壌診断法の確立(133)
課題番号 106
研究機関名 中国農業試験場
研究分担 地域基盤・病害研
研究期間 止12~(14)
年度 2000
摘要 根こぶ病菌休眠胞子の密度を測定するため、ELISA法の検出精度・感度の向上を図った。ポリクローナル抗体による間接ELISA法においては、休眠胞子のオートクレーブ処理により、すべての休眠胞子密度において吸光度の増加が認められ、低密度(10*3 / ml)における検出精度が向上した。ポリクローナル抗体をELISAプレートに吸着させ、そこに休眠胞子を反応させ、プレートに結合した休眠胞子にさらにモノクローナル抗体を反応させたサンドイッチELISAでは、休眠胞子密度が10*4 / ml以上であるならば良好な直線性が成り立つことが示された(研究機構-近中四農セ)。
カテゴリ 病害虫 害虫 中山間地域 抵抗性 土壌診断 農薬 防除

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる