低投入・省力型採草地の植生管理技術の開発(168)

課題名 低投入・省力型採草地の植生管理技術の開発(168)
課題番号 148
研究機関名 北海道農業試験場
研究分担 草地・草地研
草地・(上席)
研究期間 止9~12~(13)
年度 2000
摘要 11年度までに年1回刈りによる省力型採草地に適した草種として晩生チモシー、随伴マメ科草種としてセイヨウミヤコグサとガレガを選定し、12年度は、これらの草種の混播草地で1回刈に適した組合せを検討した。いずれの組合せでも遅刈り1回刈区は2回刈対照区の年間収量の8割以上の収量であったが、倒伏しにくいことから晩生チモシーの耐倒伏性系統とガレガの組合せが遅刈り1回刈に向くことが示唆された。今後、この草種組合せの1回刈適性を大規模草地で実証する。(研究機構-北農セ)
カテゴリ 寒地 規模拡大 植生管理

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる