アグロフォレストリーにおける熱帯果樹類の栽培と利用に関する調査

課題名 アグロフォレストリーにおける熱帯果樹類の栽培と利用に関する調査
課題番号 155
研究機関名 国際農林水産業研究センター
研究分担 沖縄・熱帯果樹研
野茶試・久留米・栽培研
林業・(主研)
研究期間 単12
年度 2000
摘要 マレーシアサバ州サンダカン周辺のアグロフォレストリーシステムの導入試験地候補を森林研究所と共同調査した。セガリウドロカン試験地が最終候補地となったが、交通条件、資材・人材の確保が困難であること、鳥獣害が甚大であることが問題点としてあげられた。また、タウラン農業研究センターとの検討の結果、当該試験地はアカシア林内で被陰度が高く、落葉・落枝が多く、また強酸性土壌で野菜・果樹栽培には適さない環境であると判断された。以上より試験地の変更が必要と考えられる。サバ州では、農業生産能力をさらに高め主要食料の増産を図ること,輸出を視野において、道路等の整備、残留農薬基準や品質規格の徹底が農業生産目標とされていた。
カテゴリ 病害虫 うど 鳥獣害 農薬 輸出

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる