果樹園等における重金属等の動態解析

課題名 果樹園等における重金属等の動態解析
課題番号 2002002548
研究機関名 農業技術研究機構
研究分担 農業技術研究機構 果樹研究所 生理機能部 根圏機能研究室
研究期間 新規2002~2002
年度 2002
摘要 樹体吸収の指標となるジエチルトリアミン五酢酸(DTPA)抽出可給態金属元素の深さ別分布は、元素間で特徴が認められ、リンゴ園土壌では銅が深さ5-10cmで濃度が高くなる山形の分布を示し、亜鉛は深くなるほど濃度が低下した。果樹園からの亜酸化窒素発生量は、地表面管理区、有機物施用区ともに施肥直後に一時的な上昇が認められたが、草生区では13年度と同様に上昇の度合いが低かった。
カテゴリ 環境負荷低減 施肥 りんご

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる