家畜ふん尿、バガス等有機性資源の分解及び肥効特性の解明

課題名 家畜ふん尿、バガス等有機性資源の分解及び肥効特性の解明
課題番号 2004004882
研究機関名 農業・生物系特定産業技術研究機構
研究分担 農業・生物系特定産業技術研究機構 九州沖縄農業研究センター 環境資源研究部 上席研究官
研究期間 新規2004~2004
年度 2004
摘要 牛ふんに剪定残さを混合して調製した堆肥は、窒素無機化の進行が遅く、窒素放出量の反応速度論的解析は充分な精度で行えなかった。当該堆肥をジャーガル土壌に施用した場合、窒素の有機化(窒素の取込み)が起こり(堆肥現物1トンあたり2~2.5kg)、レタス作付け期間(秋作、冬作、春作の187日間)中に正味の窒素無機化は起こらなかった。一方、堆肥中のカリウムは施用後約100日で全量が溶出し、同堆肥中の炭素は約30%が分解することが明らかになった。
カテゴリ 管理技術 春作 レタス

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる