早生・高品質品種の育成及び有望な素材の選抜

課題名 早生・高品質品種の育成及び有望な素材の選抜
課題番号 2004004968
研究機関名 農業・生物系特定産業技術研究機構
研究分担 農業・生物系特定産業技術研究機構 野菜茶業研究所 茶業研究部 育種素材開発チーム
研究期間 新規2004~2004
年度 2004
摘要 i)クワシロカイガラムシ抵抗性で品質優良な晩生の金系29-11、少肥適応性で早生の金系30-2、香気に特徴のある金系30-8、品質優良な枕系49-5、枕系49-8、枕系51-23を、それぞれ金谷29、30、31号、枕崎31、32、33号として、系適第11群に供試した。ii)枕崎で一番茶の最高収量が得られる最適秋整枝期は晩生品種ほど早く、また枕崎と名護の再萌芽停止期が異なることを確認した。効果的な潮風害対策を提示した。iii)自家不和合性遺伝子型のグループ分けを行い、花粉管到達率調査により、「やぶきた」と51品種の不和合性遺伝子型の異同を調べた。チャ炭疽病抵抗性は、相加効果が極めて大きいことを明らかにした。
カテゴリ 育種 炭疽病 抵抗性 低コスト 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる