カイコ等のアミノ酸合成酵素系等に着目した特異的代謝機能の解明(A572)

課題名 カイコ等のアミノ酸合成酵素系等に着目した特異的代謝機能の解明(A572)
課題番号 2004005161
研究機関名 農業生物資源研究所
研究分担 農業生物資源研究所 生体機能研究グループ 代謝調節研究チーム
研究期間 継続2001~2005
年度 2004
摘要 カイコ「大造」の繭層を70%メタノールを用いて60℃で抽出し、OASIS-HLBカートリッジによる固相抽出、Toyopearl-HW40Fカラムクロマトグラフィー、Nova-Pak C18によるHPLCにより、フラボノイド化合物を精製・分取し、NMR等で分析した。この結果、得られたフラボノイドはケルセチンの6位にアミノ酸のL-プロリンが結合した新規化合物であり、L-プロリンの結合の仕方により立体異性体を生じているものと推測された。また、5齢幼虫の中腸のおけるステロールは飼料へのステロール添加に伴い増加したが、カイコよりエリサンの方がステロールが多かった。一方、脂肪体においては全般に中腸よりステロールが少なく、エリサンでは飼料へのステロールの添加に伴い増加したが、ステロール添加量の低い領域では中腸に比べその応答は低く、カイコでは飼料のステロール添加量を変化させても脂肪体のステロールの量にほとんど変化は見られなかった。
カテゴリ カイコ

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる