バイオテクノロジー利用による実用品種の育成

課題名 バイオテクノロジー利用による実用品種の育成
研究機関名 和歌山県農林水産総合技術センター暖地園芸センター
研究分担 育種部
研究期間 継H11~16
年度 2003
摘要 目的:・オリジナル品種の育成、・育種の効率化。計画:・育種目標[・花き(スターチス:萎凋細菌病抵抗性、スイートピー:花色の多様化、巻きひげ無し)、・野菜(エンドウ類:早生・短節間の実エンドウ、濃緑莢のサヤエンドウ)、・果樹(カンキツ:食味の良い無核品種、カキ:食味の良い早生渋ガキ)]、・効率的育種法の開発[・DNAマーカーの利用技術(カンキツ・スイートピー)、・幼苗での萎凋細菌病抵抗性選抜技術(スターチス等)]。期待される効果:・オリジナル品種誕生、・産地の拡大、強化。得られた成果:・スイートピーの冬咲き系統で3品種、実エンドウの早生系統で1品種を品種登録申請。残された問題点:・新品種育成期間の短縮、・育成品種の種苗確保。
研究対象 共通
戦略 作物育種
専門 育種
部門 花き・野菜・果樹
カテゴリ 育種 かき さやえんどう 新品種育成 スターチス DNAマーカー 抵抗性 品種 実えんどう 良食味 その他のかんきつ

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる